AdSense コード

底辺男の成り上がり日記

底辺30代男が早期リタイアを目指しお金の事を学び、お金持ちを目指して行動していくブログです。

人間は3種類

水瓶座の人は今年から運勢がうなぎのぼりに良くなるのだとか。
僕は水瓶座なので本当に運勢が良くなればいいなぁとかちょっと期待しちゃってます。
皆さんは占いを信じますか?
僕は正直信じていません。
占い師の中には本当にその人の過去や未来を見る事ができる人がいるのかもしれませんがほとんどの人がインチキな気がしてならないからです。
その理由はバーナム効果という心理テクニックが存在するからです。
バーナム効果とは誰にでも当てはまるような事を言われたとしても「完全に自分の事だ!」「それは自分にしかない特徴だ!」と思い込んでしまう心理効果です。
そして「自分の事を見抜かれた」「本当の自分を理解してくれた」と感じた人はそれを言い当てた人に対して好意を持ったり信用したりしてしまいます。
例えば占いに行って「最近憂鬱な気分になる事がありましたね?」と言われるとどうでしょう?
憂鬱な気分になる事は誰にでもある事ですし、何か悩みや不安があるから占いに来ているのでしょう。
しかしこれを言われた本人は「なんでわかったの!?」となってしまうわけです。
こうなってしまえば後は本人の口から出てくる不安や悩みに対してアドバイスして適当に「大丈夫、上手くいきます」や「今のままでは悪い方に進むからこうした方がいい」など未来を匂わせる事を言えば占い終了です。
これは恋愛や営業にも使えるテクニックらしいので覚えておいて損は無いです。
またこれを知っておく事で「今心理テクニック使われてるなぁー」と気づけるので騙される事が減るかもしれません。
占いはいい事だけを信じる主義の僕です。


さて、今回は[人間は3種類]という話題で話したいと思います。

あなたは見返りを求めず誰かに何かをする事はありますか?

人間はギバー·テイカー·マッチャーの3つの種類に分けられます。

ギバー(Giver)とは:他人に何かを与えようとする人。「この人の為に何をしてあげられるか」という考え方をします。

イカー(Taker)とは:他人から何かを与えて貰おうとする人。「この人から何を貰おうか」と考えます。

マッチャー(Matcher)とは:バランスを取ろうとする人。「何かを貰ったから何かを返そう」「何かを与えたから何かを貰おう」と考えます。

世の中にはマッチャーが圧倒的に多いみたいです。

「あの人はこの前お土産買ってきてくれたからお土産買って帰ろっ」とか「この前ご飯を奢って貰ったから今度は自分が奢ろう」とかいう経験はありませんか?

この考え方がマッチャーの特徴です。

ただこの例は日本社会の常識みたいなところがあるのでこれをしたからと言って一概にあなたがマッチャーだとは言い切れません。

あなたが「本当は返す意味が分からないけど返さないと角が立つしなぁ」や「あの人に返しておけばそれ以上の何かを貰えるな」と心の中で自分の利益を考えているのならあなたはテイカーでしょう。


この3種類の中であなたが友達として付き合いをしたいのはどの特徴を持った人ですか?

僕は断然ギバーです。

僕自身もたぶんギバーなんだと思いますが、まずテイカーを選ばなかった理由は「僕があげたいと思った物はあげるけどくれくれしつこくされても困る」からです。

そしてマッチャーを選ばなかった理由は「与えたいと思ったから与えただけなのにわざわざ何かを返してくれようとするのは気が引ける」からです。

なので僕が必要だと思って与えた物に対して「ありがとう」と受け取ってもらえて、逆に僕に必要だと思った物を与えてくれて「ありがとう」で終わる。

そんな関係が僕の理想です。

ただ、ギバーの中でも[自分に余裕があるから与える人]と[自分を犠牲にしてまで与える人]がいます。

昔の僕は自分を犠牲にしてまで与えるギバーでした。

自分の生活が苦しくても「生活が厳しいからお金を貸して欲しい」と頼まれれば無い中からお金を渡してましたし。

そのお金は返ってくる事はないでしょう。

ちょっと思い出して笑えてきた話をします。

僕が中学生だった頃の話です。

すぐ怒鳴ったり最悪手を出す国語の先生がいました。

国語の授業の直前にクラスメイトが教科書を忘れた事に気づいたらしく僕に「教科書貸して!」と言ってきました。

僕は「いいよ」と言ってその子に教科書を貸したのですが、僕の席は前から2番目という絶対に教科書を持っていない事に気づかれる場所でした。

「教科書の○ページ目から」

先生が言い皆は教科書を開きますがどうしていいか分からない僕はノートをペラペラめくってみたりファイルをパラパラめくってみたり。

案の定気づかれました。

「おい!なにやってるんだ!」

と席を立たされましたが嘘のつけない僕は「教科書を忘れた」という嘘をつけなかったので教科書を貸したクラスメイトの方をチラチラ見ていました。

それに気づいた先生はそのクラスメイトも立たせて「どういうことだ?」と聞きます。

僕が正直に「教科書貸した···」と答えると先生はどう反応していいのか分からずキョトンとした後に呆れたように笑っていました。

そして結局2人とも叱られる事もありませんでした。

いや、今考えると本当になんであんな事をしたのだろうと思ってしまいます。

同じクラスの人間に教科書を借りる方もどうかしてますが。

同じような経験をした事がある人は自分を犠牲にしてまで与えるギバーだと思います。

そういう人は意識を改めた方がいいです。

人生損ばかりするはめになります。


僕の昔話という脱線をしたところで僕が伝えたい事を話していきます。

ギバー·テイカー·マッチャー。

この3種類の中で成功者に多いのはどの人でしょうか?

成功者には自分の利益しか考えないテイカーが多いと考えた人は結構いるんじゃないでしょうか?

残念。答えはギバーです。

何かで成功してお金を稼げている人は高い確率で募金や寄付をしている事からもわかります。

では逆に1番成功できないものはどれでしょう?

答えはギバーです。

矛盾しているように思うかもしれませんが先程も出てきたようにギバーにも種類があります。

まず1番成功できない、貧困に陥りやすいギバーですがそれは昔の僕のような自分を犠牲にしてまで与えるギバーです。

自分を犠牲にしてまでという部分で察しがつくとは思いますが。


営業の仕事でそれぞれを比較してみましょう。

イカ

自分の利益しか考えないテイカーですから営業成績=収入となった場合圧倒的な力を発揮します。

どんなに粗悪な物であろうとお客様の事など考えずに自分の利益の為にどうにかして売り込みます。

短期的な営業成績では成果を残せるテイカーですが、顧客を抱える事は難しいのでリピート率は他と比べて低くなるかもしれません。

ただ突き抜けたテイカーは利益の為に心理テクニックだって身につけるでしょうし「うちの営業トップはテイカーだよ」という会社も多いと思います。


マッチャー

まぁこれは無難です。

可もなく不可もなく仕事をこなすでしょう。

自分の利益も気にしつつお客様の反応も気にしてバランスを取りつつ仕事する感じです。


ギバー(自分を犠牲にする)

お客様最優先で品質も価格も絶対に満足してもらえる物しか販売できません。

なので成績は延び悩むでしょう。

ただ顧客の信頼を得る事ができるので長い目で見ると力を発揮する可能性があります。

注意するべきはテイカーのお客様に遭遇してしまった場合「あれもこれもサービスしろ」という要望にも応えようとするので利益が出ないどころか自分の身を削って何かを提供してしまう可能性があります。

イカーはギバーが大好きなので顧客になるでしょうが利益を生み出さない顧客を抱えてしまっては成績が延びる事はありません。


ギバー(状況によってはマッチャーとして対応できる)

これも基本的には前述のものと似たような人ですが、違う点は搾取しようとする人に対しては自分の利益を確保しつつ相手の為にもなる落としどころを見つける事ができるという事。

このギバーは利益を生み出してくれる顧客がついていくので長い目で見るとテイカー以上の力を発揮します。

なので部下にギバーを抱えているという人は瞬発的な利益を求めず長期的な目で見てあげてください。


また、人を雇って仕事をしている人はギバーを雇った方が得をします。

雇われのテイカーやマッチャーは「決まった時間いれば何もしないとしてもお金を貰える」や「給料分だけ働けばいいや」や「自分の任されている仕事はここまでだからこれが終われば問題ない」という考え方をします。

雇っている側もそのつもりで雇っているでしょうから悪い事ではありません。

しかしテイカーやマッチャーを雇うと考えていた通りの利益しか生み出しません。

ギバーを雇った場合は「やる事は終わったけどまだ就業時間内だから何かできる事はないか」や「こうした方が効率的ではないか」と自分の与えられた以上の仕事をする可能性があります。

そして思った以上の利益を生み出す可能性も。

またこれはしてほしくない使い方ですが、ギバーは会社の為にサービス残業をしてもなんとも思わない。むしろ「会社の為にしてあげられている」と思えるのでそういう観点から見てもギバーを雇うメリットは大きいでしょう。


3種類の人間の考え方やメリットデメリットを話してきましたが皆さんはどれにあてはまりますか?

別にどれが良いどれが悪いという事はありません。

考え方も生き方も人それぞれですし、自分が幸せになれると思う生き方をするべきです。

しかし成功する人間にはギバーが多いという事を聞いて自分はテイカーやマッチャー気質だから···と思った人は変わるチャンスかもしれません。

この3種類のどれに分類されるかは生まれ持った気質もあるでしょうが今までの環境というのも関係してきます。

環境や関わる人間や物によって人は変われるんです。

ギバーになりたいと思うのなら少しずつ与える練習をしていけばいいんです。

コンビニでお釣りを渡されたらそのまま募金箱に募金してあげたり、ゴミが落ちていたら拾って捨ててあげたり、困ってそうな人がいたら声をかけてあげたりなんでもいいです。

最初は「自分の利益にならないし勿体ない」と思ってしまうと思います。

でも小さな事を積み重ねていく事で変わっていく事ができます。

人に与える事に慣れてきたらボランティアに参加してみてもいいかもしれません。

僕は人と接するのが苦手なので参加しませんが。

ただここで言いたいのは人は変われるといってもそれは「自分は変われる」という事です。

自分を変える事ができても他人を変える事はできません。

イカーの友達に「そんな事をしていたら友達がいなくなるよ」と注意したところでその友達自身が変わろうとしていないのならどれだけ熱く説得したところで時間と労力の無駄です。

僕は過去友達を変えようと注意して「縁を切る」と言われました。

以前の記事に出てきたA君です。

なのでそんな無駄な事に時間を使うくらいなら自分の為になる事に時間を使った方がいいと今では思っています。

変わりたいと思っている人に対してはそうなれる手伝いはしますが。

人と接する時は相手が3種類のうちどれに当てはまる人なのか意識して付き合うようにしてみてください。

それによって良い人間関係を築いていけるかもしれません。

他人の失敗から学ぶ人生をダメにする方法

油断したらこれですもんね。
今週は夜勤週なんですけど昨日までが嘘のように今日はとにかく寒い!
一応上着を持って着て正解でした。
備えあれば憂いなし。
毎年梅雨頃まで寒い日がありますよね。
衣替えの焦りすぎには注意しましょう。
幸い僕はミニマリスト気質なので衣替えする程の物は持っていません。
「いつも同じ格好してる」と思われているであろう僕です。


さて、今回は[他人の失敗から学ぶ人生をダメにする方法]という話題で話したいと思います。

僕が「労働しなくても生活していけるようになりたい」と思っているように皆さんもなりたい自分というのを持っているのではないでしょうか?

今はまだ明確に[自分はこうなりたい]というものが無いという人でも願望はあるでしょう。

綺麗になりたい、可愛くなりたい、格好よくなりたい、モテたい、結婚したい、痩せたい、太りたい、美味しい物が食べたい、たくさん旅行に行きたい、自分の家を持ちたい···

人それぞれその願望を叶える為のハードルも違いますし、願望が叶った時の幸福度の大きさも違います。

なので他人に自分の願望を話しても理解してくれない事もあるかと思います。

理解してくれないだけならいいのですが「それはやめた方がいい」「お前には無理だ」など否定される事もあるでしょう。

あなたの事を思っているからこそ否定するという人もいるかもしれません。

なので聞く耳を持つのは大事です。

でも結局自分の人生の責任は自分でとるしかないので他人に流されるだけでなく我を通す事も大事です。

なので自分とは違う人生を生きている他人から何か言われたからといってそれを全て受け入れてその通りに生きる必要はありません。

「太っているから痩せろ」「早く結婚しろ」と言ってくる人がいるかもしれませんが、自分が生きたいように生きているのだから他人に関係ありませんよね?

ただ他人の言葉には流されないとしても自分が「太っているから痩せたい」「早く結婚したい」と思ったのならそれはなりたい自分になる為に行動を始めましょう。


ここで人生をダメにしたであろう僕の元友人の話をしたいと思います。

僕の元友人(A君とします)は何がきっかけか分かりませんが約50万円の一眼レフカメラをカードローンを使って購入しました。

休日にはカメラを持っていろいろな場所に行き写真を撮っていましたがいつしかA君は「写真家になりたい」という夢を持ち始めました。

昔からなんにでも熱しやすく冷めやすい性格な事もあり、両親や周りの友人から「やめておけ」「そんな夢を見ても成功できるのは一握りなんだから···」「どうせまたすぐに冷めるんだろ」などと反対されていました。

しかしA君は他人の言葉に耳を貸す事なく「俺は写真家になるんだ!」と写真に関係がありそうな会社を探して見事に就職できました。

そして実家を飛び出て知らない土地で一人暮らしを始めます。

その会社はできたばかりの会社で、主にテレビ局等の映像関係の仕事を扱っている会社だそうでA君はテレビ局のカメラアシスタントとして働き始めました。

「写真の仕事をするんじゃなかったのか?」と周りの友人達は思っていましたがA君に聞くと「社長がカメラ好きでゆくゆくは写真の提供もしたいから休みの日に写真を撮ってきてくれ」と言われたのだとか。

最初のうちは「休みの日にどこどこに写真を撮りに行ってきた」や「フォトマスターという資格の勉強をしている」等ほとんど写真の話題ばかりしておりこの時は僕も応援したいと思っていました。

ですが数カ月後には「俺はお酒を飲むつもりがないのに彼女が買ってくるから飲んでしまう」や「彼女のいびきがうるさい」という話題ばかりで写真の話は一切出てこなくなっていました。

僕は気になったので「最近写真撮ってるの?」と聞くとA君からは「仕事が忙しくてカメラを使ってない。社長は嘘をついていた!騙された!」と鼻息荒く返答がありました。

そして更に数カ月後、A君は精神科でうつ病と診断されその会社を退職。

しかし貯蓄がまったくないA君は職を失った事で家賃等の支払いや借金の返済ができなくなり親に支払いを頼む結果になりました。

そしてお金は無いけど贅沢をしたいA君は自分から友達をご飯に誘って会計は友達に任せるという乞食のような生活をするようになっていき、周りの友人達は我慢できずにA君との関係を切っていきました。

結局今ではお酒やギャンブルのためにカメラを売ってしまい親に見限られ、知らない土地で生活保護を貰いながら生活しているみたいです。

夢を叶える事ができず、今まで築いてきた人との繫がりも失ってしまい人生をダメにしてしまったA君ですが、彼はなぜこのような結果になったのでしょう?


まず借金をしてまで欲しいものを購入した。

結論から言うと人生をダメにしたくないのであればできる限り借金をしないようにしましょう。

もちろん住宅ローンやカーローンもこの借金の中に含まれます。

借金をしてしまうとその時点で信用を失い、約束通りに返金できなかったとなると更に周りからの信用を失ってしまう可能性があります。

それから借金をすると元の金額プラス利息を支払う事になるのでお金がないから借りたはずなのに結果的に元の金額以上のお金を支払わないといけなくなります。

A君の場合生活に絶対に必要とはいえない物をクレジットカードを使って購入し、借金を返済できなくなってしまったために両親からの信頼を無くしてしまいました。

ではA君はどうしていれば両親からの信頼を無くさずにすんだのでしょう?

A君は約50万円の物を購入しました。

50万円は大金ですが、社会人ならば頑張れば1年もかからずに貯める事ができる金額です。

なので本当に欲しいと思うのなら自分でお金を貯めてから購入すればよかったのです。

またカメラを買う為に貯金していく時間の中で「本当はそれほど欲しい物では無いかもしれない」と購入を思いとどまったかもしれません。

鉄は熱いうちに打てとは言いますが、打ち方を間違ってしまうと取り返しのつかない事になってしまいかねません。

もしも今何か大きな買い物をしようと考えている人がいたら1度冷静になって「絶対に必要なものなのか?」「今購入するのがベストなタイミングなのか?」「借金をしてまで購入しないといけないものなのか?」という事を考えてください。

A君も欲しいという衝動を少し我慢して冷静に考える事ができていれば大切な人達から見放される事はなかったでしょう。


次はA君はなぜ夢を叶える事ができなかったのかを考えます。

僕が思うA君のいけなかった部分はポジティブに考え過ぎてしっかりと調べ学ぶ事をしなかったという事です。

当時のA君は「何もかも自分の思い描いた通りになっていくはずだ」と本気で思っているようでした。

自己啓発本の効果でしょう。

ポジティブな事は悪い事ではないですし、行動力も素晴らしかったと思います。

しかし人生は何もかも自分の思い描いた通りにできるような単純なものではありません。

自分にとっていい事も起これば悪い事も起こるんです。

なので行動を始める時には最悪の事態を想定する事を忘れてはいけません。

そしてその最悪の事態が起こってしまった時に自分がそれに耐える事ができるのか考える。もしくは最悪の事態が起こってしまった時の為にそれに備えて準備をする事が必要です。

この考え方ができれば夢を叶える為にはどういった行動をすればいいのかしっかりと学ぼうとするでしょう。

最悪の事態を考える事をしなかったA君は自分が思う通りに進んで行けば夢は叶うと思い込んで調べる事や学ぶ事をほとんどしませんでした。

そして思い通りにならない現実に納得できずに精神を病んでしまったのだと思います。

これは周りの人達の言葉に少しでも耳を貸していれば防ぐ事ができたかもしれません。

夢は追い続ければ絶対に叶うものではありません。

夢を追って成功するのはほんの一握りです。

これは「夢を追うな」と言っているのではなくて「もしもの時の備えはしておくべきだ」と言っているのです。

人生を台無しにしないためにも最悪の事態が起こった時の為に最低限の備えはしておきましょう。


そしてなにより稼ぐ事は簡単な事ではないという考えが抜けていた事がA君の最大の失敗なのではないかと僕は思います。

A君は写真家として成功してそれ一本の収入で生活していくという夢を追いかけました。

しかし継続的にお金を稼ぐ事ができるスキルを身につけるのは簡単な事ではありません。

サラリーマン等の人に雇われる仕事は決まった時間働けば決まった給料を支払ってもらえます。

しかし事業を興した場合何時間働けばいくら稼げるといった保証がありません。

現在年間数千万円数億円稼いでいる事業も最初からそれだけの金額を稼げていたわけではなく、無給の時期というものがあるのです。

職人でいう修行の時期です。

A君は人に雇われて収入を得た事しか無かったので修行の時期というものを理解していませんでした。

そしてA君の場合休日の2〜3時間を使って写真を撮って「これで稼ぎたい」と思っていたみたいですが、雇われの仕事でも週2〜3時間の労働で得る事ができる収入はたかが知れているでしょう。

それを0の状態から収入を得る事ができるように自分で切り開こうとしているのだから写真家になる努力にかける時間が圧倒的に短過ぎる事がわかります。

A君と同じく修行の時期というものを理解していない人は多いと思います。

新型コロナウイルスの影響を受けて本業で会社員として働きつつ何か事業を興そうと副業に挑戦している人が増えています。

しかし低いリスクで始める事ができる事業で収益を生み出すのは思っている以上に時間がかかる可能性がある事を理解しておいてください。

副業として低リスクで始めようと考える事業としてはブログ運営やアフィリエイトや動画投稿等のインターネットビジネスになってくると思いますが、半年経っても収益化できていないという話はザラにあります。

ビジネスを始めて短い期間で収益化できる人というのは一部の天才·たまたま運が良かった人·できるだけ可能な時間をビジネスに使えた人·元々名前が売れていた人等です。

僕を含めて9割以上のほとんどの人がこれらには当てはまらないでしょう。

だからと言って諦めるのはまだ早いです。

なぜかというとA君のようにすぐに結果が出ないから諦める人が本当に多いからです。

諦めずに行動を続ければチャンスを手に出来る可能性は格段に上がります。

A君も修行の時期というものを理解して行動を続ける事ができればもしかしたら夢を叶える事ができたのかもしれません。


この話は数年前の話で、その時の僕はA君に的確なアドバイスをしてあげる事ができずにただ応援するだけでした。

今の僕ならもしかしたらあの時よりは良いアドバイスをできるかもしれませんしそれによってA君がうつ病生活保護受給者になる事も無かったかもしれませんがそんな事を考えても仕方がありません。

過去は変えられないのですから。

今後A君のような同じ過ちを犯す人を生み出さない為にもまず僕がいろいろな事を学び伝えられる人間になっていこうと思います。

A君もまだ30代なのでやり直すチャンスはいくらでもあるので自分でなんとかできる事を祈っておきます。

皆さんはA君のような過ちを犯さないように気をつけてください。

人生備えあれば憂いなし。

いらん物は売り払ってミニマリストになったらえんちゃう?

もう春ですね。
夜もそれほど寒くなく、昼は若干暑く感じる事もある程気温が上昇してきました。
盛ったネコが「ニャーゴニャーゴ」鳴いてます。発情期バンザイ。
そういえば人間にも発情期があるみたいですね。
言ってしまえば人間は年中発情期なのですが、やっぱり人間も動物なので春は発情のピークを迎えるそうな。
なので性犯罪件数も増えてきます。
人通りの少ない場所や夜道はできるだけ避けましょう。
あと家の施錠や防犯もしっかりしてください。
「自分は大丈夫」と考えている人がいると思いますが、大丈夫じゃないです。
あなたを狙っているのは発情した猿です。
ちゃんと危機意識を持って嫌な思いをしなくていいように気をつけましょう。
というか性犯罪なんかするんじゃねえ!
性犯罪を犯した人間は○刑でもいいのではないか?と考えるどうも僕です。


さて、今回は[いらん物は売り払ってミニマリストになったらえんちゃう?]という話題で話したいと思います。

ミニマリストって言葉を聞いた事がありますか?

ミニマリストとは必要最低限の物しか家に置かない人の事です。

ミニマリストになるメリットとしては

•物を買わないので出費が少ない。

•物がほとんど無いので散らからない。

•掃除が簡単。

•本当に必要な物を置くスペースが広くとれる。

•ヒートトレーニングをするスペースができる。

等でしょうか。

ヒートトレーニングはちょっとふざけましたが自宅で運動できるスペースを確保しておく事はいい事だと思います。

物が多過ぎる部屋のデメリットはというと

•普段使わない物を買ってお金を使う。

•散らかる。

•掃除をするために物を動かす必要がある。

•必要な物がすぐに見つからない。

•ヒートトレーニングができない。

等でしょうか。

物が多過ぎてゴチャついているとヒートトレーニングができないですよね。

どうにかして運動スペースを確保してトレーニングを開始してもトレーニングをする事よりも部屋が散らかっている事が気になりだして掃除を開始してしまう事もあるかと思います。

また勉強を始めても部屋が散らかっている事が気になりだして掃除を開始してしまうことも。

↑こんな経験ありませんか?(笑)

心理学的にきっとなにかあるんでしょうね。

はい。おふざけはとりあえずこのへんで。


考え方は人それぞれでしょうが、僕は物を溜め込む人よりミニマリストの方が人生得をすると考えます。


ミニマリストは必要な物しか買わないので出費が少ない。

買ってから1度も着ていない服やほとんど使った事がない物はありませんか?

買う時は使うと思ったけど買ってみたら使わない物。無駄遣いです。

自分のお金をどのように使おうがその人の自由ですが、僕はそういう物にお金を使うのは本当に勿体ないと思います。

そのお金を使わなければ本当に必要な何かを買えたかもしれませんし、もし投資に使っていれば数倍の利益を得ていたかもしれません。

「必要のない物かもしれないけど買い物するのがストレス発散法なんだ!」という人は他のストレス発散法を見つけた方がいいんじゃないでしょうか?

ヒートトレーニングとか。。


ミニマリストの部屋は物がほとんど無いので散らからない。

部屋が散らかる理由ってなんでしょう?

使った後に元の場所に戻さないから。片付けが面倒くさいから。収納スペースが無いから。どうせ他人は入って来ないから散らかってても関係ないでしょ!!理由はいろいろあるでしょう。

ただこれらの根本と言えるのは[部屋の広さに対して物が多過ぎるから散らかる]ということ。

例えば教室に上履きが10足落ちていた場合は「散らかっている」と感じるかもしれませんが、体育館に上履きが10足落ちていた場合は「散らかっている」というほどの印象は無いと思います。

なのでその部屋の広さに合わせて物の量を調整できれば片付けをしなくても散らかっているという印象を与えないのです。極論ですが。

そして、どんなに小さな部屋だろうが物が無ければ散らかる事は無いのです。極論ですが。

なので片付けはしたくないけど部屋が散らかっているのは嫌だという人は毎日使う物や絶対に必要な物以外を今すぐ売り払いましょう。

メルカリ等のフリマアプリを使えばすぐに出品する事ができます。

真っ先に捨てると考えるよりはまず売れないか検討してみましょう。


ミニマリストは掃除が簡単。

物がたくさんある場合とほとんど無い場合の掃除の手間の違いは容易に想像がつくかと思います。

例えば本は実物で持っておきたい人の部屋には本棚がありそこに本を収納しているでしょう。

本は好きだけどミニマリスト。こういう人は電子書籍を利用します。

この2人の掃除に費やす労力や時間の差は歴然ですよね。

日常生活でどれだけ時間を短縮できるかは大切です。

時間というのは誰にでも平等なもので、どれだけ有意義な時間をどれだけの時間過ごせるかで人生の幸福度は変わります。

なので掃除の時間を短縮できる分、ミニマリストは人生を得している事になります。

また、本棚分のスペースがあればヒートトレーニングができるので健康面でもミニマリストのほうが勝っていると言えます。はい。

細かい隙間にはマツイ棒


ミニマリストは本当に必要な物を置くスペースが広くとれる。

賃貸契約を結んでいる人は家賃を払ってその住居に居住しています。

例えば20㎡の部屋で家賃5万円支払っているとします。

こう考えると1㎡あたり2500円支払っている事になります。

不必要な物が多ければ多いほどそれらに使う面積は増えます。

言い変えると不必要な物が増えるほど不必要な物の為に使っている家賃がどんどん増えるということ。

こう考えると不必要な物が多い事は勿体なく感じてきませんか?

ゲームが好きならゲームスペースを広くとる。

自宅で仕事をするならそのためのスペースを広くとる。

自分にとって必要な事の為にお金を使う事は勿体ないとは感じないでしょう。

自分にとって必要な事の為に不必要な物を溜め込まないようにしましょう。


使わない物を溜め込んでしまう人は「いつか使う時に無いと困るかもしれない」や「せっかく買ったから、貰ったから持っておかないと勿体ない」みたいな考えもあるでしょう。

僕の母親がそうで、普段の生活で使わない服や物を溜め込んで収納スペースが足りなくなり結局使うのはすぐ手が届く範囲に散らかっている物だけです。

なので俗に言うゴミ屋敷化しています。

今よりも出費を抑えたい·時間をもっと有効活用したい·片付けをするのが億劫だ·急な来客時でもすぐに対応できるようににりたい等思う方はできるだけ物を溜め込まないようにしてください。

そして普段の生活で使わない物はフリマアプリ等で売ってしまって少しでも貯蓄の足しにし、本当に必要な物の為に使いましょう。

過去の事を言ったってしょうがありません。

考え治した今日が人生で1番若い日です。

自分の人生をより良いものにするために行動していきましょう。

経済的に自由になるためにちょっとずつ動き始めたお話

副腎疲労って知っていますか?
副腎疲労になるとやる気が出なくなり重症化すると動きたくなくなるほどのダルさという症状が出るらしいです。
副腎とは腎臓の上にある臓器で、生命活動に必要なホルモンを分泌する役割を持っています。
ここからテストステロン·アドレナリン·ノルアドレナリン·コルチゾールやその他のホルモンが分泌されます。
聞いた事があるものもあったでしょうが、この中のコルチゾール。僕は最近初めて耳にしたホルモンです。
コルチゾールとは主に代謝の促進や免疫抑制等の役割をするホルモンですが、ストレスを感じると分泌量が増えるという特徴を持っている事から[ストレスホルモン]と呼ばれる事もあるみたいです。
ストレスを感じ続けコルチゾールが常に大量に分泌される状態になると慢性的なダルさや疲労感·うつ症状·不眠等の体の不調に繋がり最悪動けなくなります。
ストレスとは精神的なものだけでなくジャンクフードばかり食べていたりバランスの偏った食事だったりというものも含まれます。
うつ病と診断された人も食事や必要な栄養素を摂取し、副腎の働きを正常に戻す事で症状が改善されるのではないか?という話が出ています。
まずジャンクフード中心の食事はやめましょう。
たまにならいいとは思いますが、ジャンクと言われるようにいろいろな部分を壊してしまう食べ物なので食べ過ぎはよくありません。
とは言ってもジャンクフードを食べ続けている人の脳はバグってしまっているのでどうしてもジャンクフードを欲してしまうみたいですが。
副腎を回復させる栄養素としては亜鉛·マグネシウム·ビタミンB群·ビタミンC·ビタミンD等が効果的だと言われています。
これらはサプリメントで摂取できますが、個人の体験としてビタミンDが1番必要なものなのではないかと思います。
ビタミンDは日光を浴びる事で体内で生成されます。
僕は昔からダルさや疲れや寝足りない感を感じる事が多かったのですが、今考えると副腎疲労だったのではないか?と思います。
新卒で入社した会社を辞めた後少しだけ鳶職をした事があるのですが、その時の生活は朝4〜5時に起きて会社に行き夜は22時半頃に家に帰り着くという生活でした。
体力仕事だったのでもちろん体を使った疲労感はあったのですが、睡眠時間はそれまでと比べて格段に短くなっているのに体調や気分はすごく良かったです。
これは1日中日光を浴びる環境で仕事をしてビタミンDが生成された事による恩恵なのではないか?と思います。
工場勤務だと「この人うつ病なんじゃないか?」と思う人をちょくちょく見かけますが、外現場でうつ病っぽい人は僕は見た事がありません。
慢性的な疲労感を感じたり憂鬱な気分がずっと続いている人は騙されたと思って日光浴を初めてみませんか?
※日焼けや将来のシミ等の責任は取りかねます。
なんかむちゃくちゃ長くなりましたが意外と鳶職経験者の僕です。


さて、今回は新年度という事で[経済的に自由になるためにちょっとずつ動き始めたお話]をしたいと思います。

まず前提として僕は定年まで労働を続けるんだ!!という情熱はありません。

というのは誰かに雇われて賃金を払ってもらうという生活をできるだけ早く辞めたいと考えています。

昔から人の下につくというのが苦手で社会人として会社に勤め始めてからもその考え方はずっと変わっていませんでした。

最初は金属加工の会社に勤めたのですが、勤め始めてもやっぱり違和感を感じていたので会社設立の本を読んでみました。

起業の知識を得たのはいいもののどういった会社を創りたいという目標がたたず断念。

「起業は何していいか分からないから株のデイトレードで稼ごっ」とか簡単に考えて株の本を読んで取引きを始めたはいいものの結局どうしていいのか分からず購入した個別株を放置し数年後投資先の企業は見事に破産。

その後も「もしかしたらポイントサイトって稼げるんじゃね?」とか「アフィリエイトが熱いらしいから挑戦してみよう!」とか行動はするものの結果を出せず30歳を過ぎた頃には「自分は人に雇われ続けるしかないのかな」なんて思い始めていました。

そんなこんなありながら2020年10月末頃にYouTube動画リベラルアーツ大学に出会いもう1度人生の生き方を考え治しました。

そしてリベ大で学んだ事で現在実践できた事をまだ短い時間ですが途中経過として書こうと思います。

昔に比べて行動力が落ちてしまってゆっくりですが自分のペースで進めています。


まずは固定費の削減。

僕の固定費には通信費·家賃·自動車保険·養育費があります。

元々携帯は格安スマホでしたし、住居は安いボロ屋、自動車保険もそれなりに抑えて養育費はどうしようもない。

そこで削ったのはソフトバンクエアーの契約解除。

リベラルアーツ大学で学ぶ為にもWi-Fiは必要だったので解除したのは先月です。

というのも元から使っている携帯は5ギガまでの契約なので、それだけでは足りないと思っていたのですが楽天モバイルの基本料1年間無料を使う事でソフトバンクエアーを解約する事ができました。

僕の住んでいる地域にはまだ楽天回線が通ってないのでパートナー回線の上限5ギガまでしか使えないので元から使っている携帯は楽天回線が通ったら解約しようと思っています。

楽天モバイル楽天ハンドを購入し、機種代金は貰える20000ポイントでほぼ相殺できるので1年間はセキュリティ代月220円だけで済むと考えています。

ソフトバンクエアーが月約6500円かかっていたので通信費は月約6000円うきました。(1年間)


収入の10〜20%貯蓄

バビロンの教えの「豊かになるためには収入の10%を貯蓄せよ」という教えのとおり宵越しの金は持たねえ!!という精神は捨てて少しずつ貯蓄を始めました。

下水道の施工業者が役所に下水道開通の届を出していなくて過去1年以上の使用量をまとめて請求されるといったトラブルがあったものの月平均10%以上は貯蓄できています。

払ったつもりでいた6万円をまとめて支払うのは辛い···

意外と多いトラブルみたいなので皆さんも下水道の届が出ているか確認した方がいいかもしれません。

上下水道料金が別で記載されている地域は気づけるでしょうが僕の住む地域はまとめて記載されているので払ってない事に気づきませんでした。


ブログ開設

アフィリエイトアドセンスで稼げる!

簡単ではないですよね。

まず無料ブログから始めてみようと思ったのが間違いなのかもしれません。

それから作業量が圧倒的に足りていない。

自覚あります。

最近ブログで稼ぎたい!という想いよりも学んだ知識のアウトプットの場としてブログを活用しています。

そりゃ収益化できれば嬉しいですがこのブログを読んでくださった皆さんに喜んでもらえるような記事を書けている自信もないですし。

わかりやすく書けている自信もないですし。おすし

これからも僕がいい情報だと思ったものを僕なりの言葉で発信していくのでもし気が向いたら読んでみてください。


つみたてNISA口座の開設と商品購入

つみたてNISAは少額非課税投資制度という名前のとおり非課税で投資ができる制度です。

僕が昔考えていた株式投資のイメージは下がったら買って上がったら売る。でした。

しかしリベ大で複数銘柄の株をまとめた商品を15年以上の長期間保有し続ける事で100%に近い確率で資産を増やす事ができる

という投資方法を知りました。

これを楽天証券で月33333円積み立てを行い、楽天カード決済する事で毎月333ポイント得ながら投資ができます。

また、楽天SPUのポイント倍率を上げる為に楽天ポイント投資月1ポイント使用の設定もしています。

楽天市場を使った事はないのですが。

楽天証券口座開設に手間取って投資開始時期が遅れたので年間投資額40万円になるようにどこかで調整します。

手間取ったと言っても口座開設自体は簡単なのですが、本人確認書類の撮影時になぜかカメラが起動しないというトラブルが続きました。

そしてたまたま昔セルフバックアフィリエイトで作っていた楽天カードが役にたちました。

なんでもやっておいたら繋がるもんですね。


メルカリ販売

1つだけですが不用品を出品して商品を購入してもらう事ができました。

販売手数料と送料を引いた利益は約2500円と1つだけでは少額ですがこれを10個100個と増やせるとそれはもう立派な事業ですよね。

今後も不用品は出品しつつゆくゆくは楽天ポイントせどりや店舗せどり等に挑戦していくかもしれません。

自分が使わない物やいらない物でも誰かにとっては必要な物の可能性があるので、捨てるつもりならメルカリ等に出品してみてください。

ただ購入してもらえたのに販売手数料と送料の計算を忘れていてマイナスになったという事が無いように注意してください。


スロット期待値稼働

これは始めたというより再始動したものです。

昨年11月に「今年は初めてプラスで終われそう」なんて言っていましたがいろいろあって自暴自棄になり好きな台適当打ち祭りが開催されてしまって結局昨年は年間マイナス約2万円まで減らしてしまいました。

その流れからずっと乱れ打ちを続けてしまっていたのですが、ようやく心が落ち着いてきたので1から···いや、ゼロから!しっかりと立ち回っていこうと思います。

3月4月の店舗側の考え方は僕の予想ですが[新規顧客獲得の為にそれなりに力を入れる]はずです。

パチンコ業界の顧客離れが進んでいる中で高校卒業したばかりの若者を顧客にしようと頑張ると思うので。

知らんけど


極力人付き合いを減らす

これは考え方的に正しいかは分かりませんがお金を使う量は極端に減りました。

ウイルスの流行で人付き合いが減ったのもありますが、先程話に出たいろいろあったという部分が人間関係です。

慕っていた先輩に嫌われたみたいで、去年の1月には中学からの親友に絶交を言い渡され。

人に相談したら「お前は悪くない」「完全に相手が悪い」と言われるのですがこんな事が続くという事は僕自身に問題があるのでしょう。

大切な物を無くすのは辛いので今後は今まで以上に人と距離をとって生きて行くだろうと思っています。

こんな事を言ってますがまた大事に思える人ができる事を心では望んでいますが。


リベ大に出会ってもう一度頑張ってみようと思い半年近く経ちました。

半年近く動画で学んでみたけどあまり行動できてないなと書いてみて再確認できました。

こりゃスロパチステーション観てる暇ないな!

いそまるやっぱ引き強いな!とか思ってる暇ないな!

2021年度始まりました。

皆さんはどんな1年にしたいでしょうか?

僕はお金にまつわる5つの力を強化していきたいと思っています。

その為にもリベ大だけではなくいろいろな場所で学び続けるつもりです。

もちろん学ぶだけではなく行動します。

今は経済的に自由になるためにちょっとだけ前進できた自分を褒めてあげようと思います。イーコイーコ

それではまたアウトプットしたい時にやってきます。

今日が人生で1番若い日

僕は高校生の頃100Kg近い体重がありました。
自分なりに筋トレはしていたので筋肉も結構ついていたのですが、朝と夜に丼ぶり3〜4杯の白米を喰らっていたらお相撲さんのような体型に。
高校卒業後、体を動かす仕事に就いたのと昔程食べる事ができなくなったおかげか20代半ばには60Kg前半の腹筋バキバキ細マッチョボディになりました。
しかし体を動かす仕事から離れて約5年経った頃には体重70Kg突破!腹筋は行方不明に。
現在捜索願いを出しているところです。
誰か僕の腹筋がどこに行ったか知りませんか?
人1倍の脂肪細胞を持った男。僕です。


さて、今回は[今日が人生で1番若い日]という話題で話したいと思います。

この言葉はリベラルアーツ大学の両学長がよく使う言葉です。

何かを学び始めて「もっと早くしりたかった」や「あの時に知っていれば人生変わっていたかも」と思う事はありませんか?

僕はたくさんあります。

その中でもやはりお金に関する知識をもっと若いうちに知っていれば、今と全然違う人生だったんだろうなぁ〜と思います。

高校卒業後に今と同じくらいのお金の知識があれば30代前半には1000万円以上の資産を築けていたかもなぁ〜とか。

もしもタイムリープできればあれをこうしたいなぁ〜とか。

ifの妄想が膨らみ過ぎて眠れない事もあります。

でも僕が知る限り過去に戻る事はできません。

いくら妄想しても現実は今の自分で、時間はただ先に向かって動いていくものです。

なのでifの妄想をする事は時間の無駄です。

分かっちゃいるけど妄想しちゃうんですけどね。


ifの妄想をしても時間の無駄だという事が分かったところでどうするべきか?

それは過去の事を考えるくらいなら今と未来の事を考えようってことです。

僕は今33歳ですが、日本人の平均寿命から考えるとあと50年近くは生きる可能性が高いです。

結構長いこと生きてきた気がしますが、まだ人生の折り返しも迎えていません。

そう考えると何か新しい事を始めるにはまだ遅くないなと思えてきました。

自分の人生をより良くしていくための新しい事を。


「自分の人生をより良くするために自分がしたいこと」を考えると[嫌いな仕事をしたくない][他人の時間に縛られず自由に暮らしたい][心から好きだと思える人と幸せな家庭をつくりたい][大切な人に何かあれば助ける事ができる人間になりたい]等を思いました。

そしてこれらの事を叶える為にはやっぱりお金が必要だと考えましたが、何をどうすればいいのか分からずただなんとなく失敗を繰り返しながら生きてきました。

そこで出会ったのが[リベラルアーツ大学]。

両学長の「今日が人生で1番若い日です」という言葉のおかげで「人生を変えるにはまだ遅くないのかもしれない」と思い、今でも様々な知識を学ばせてもらっています。

リベラルアーツ大学では現在お金に関する情報の発信を主に行っています。

投資·副業·転職·起業等の収入を増やす方法や節税·詐欺·住居の話等のお金の守り方。その他様々な知識を身につける事ができます。

「この動画を見て実践する事で誰でも資産5000万円以上の小金持ちになれる」と言われているのも納得できる情報ばかりです。

ただ勘違いしてはいけないのが、動画のとおり行動したからと言って1〜2年の短期で資産5000万円を築けるというものではありません。

両学長がおすすめしている方法は「20年30年といった長期でそれだけの資産を築けるよ。」というものです。

老後2000万円必要や3000万円必要と言われていますが、60歳を過ぎた頃に実際にこれだけの資産を築けている人は多くありません。

一昔前までなら定年後は退職金や年金を貰えば老後生活には充分だったかもしれませんが、時代は変わり2020年には65歳以上で労働を続けている人が900万人を越えました。

もちろん中には働く事が好きで労働を続けている人もいるでしょうが、ほとんどの人が労働を続けないと生活ができない状況だから定年後も何かしらの労働を続けています。

あなたは一生を終えるまで好きでもない労働を続ける人生を選びますか?

それとも少しでも早くお金に縛られすぎない自由な人生を手に入れる道を選びますか?

リベラルアーツ大学では、経済的に自由になる為にはどうすればいいのかのヒントが学べます。

30歳でも40歳でも50歳でも60歳でも遅くありません。

このブログと出会った今日が人生で1番若い日です。

「お金の不安があるけど何をしたらいいのか分からない」という方はまずはリベラルアーツ大学で学んでみましょう。


今回はほとんどリベ大の宣伝になってしまいました(笑)

僕個人が本当におすすめだと思えるので紹介しました。

リベシティは僕には合わなかったですが上手く活用する事で動画だけで学ぶよりも更に多くの知識を学ぶ事ができると思います。

最初の1ヶ月は無料で使えるので試しに登録してみてもいいかもしれません。

ブログを読んでくださった皆様がお金に縛られすぎない良い人生を送れる事を願っています。

行動しないと何も変わりません。

人生で1番若い今日から最初の一歩を踏み出しましょう。

即断!即決!即行動!

僕は昔から優しいとよく言われます。
一応、他人が何をしてほしいか?何をされたくないか?というのを考えて、してほしいのではないか?これをしたら助かるのではないか?と思う事をするように心がけています。
たぶんこの考え方は持って産まれたものでしょう。
なぜこういう考え方をするのか?それは自分が他人にしてほしいからまずは自分から他人にしているのかな?とか最近思います。
見返りを求めてしているわけではないと思うんですが。
情けは人の為ならずを持って産まれた男。僕です。


さて、今回は[即断!即決!即行動!]という話題で話したいと思います。

即断!即決!即行動!できない人は多いのではないでしょうか?

何か答えを求められても「ちょっと考えさせて」と回答を先延ばしにしたり、ご飯を食べに行ってもなかなか何を頼むか決められなかったり。

成功者の人達は決断力や行動力が一般人に比べてずば抜けて高いです。

決断·行動が早いから成功したのか、成功したから決断·行動が早いのかは分かりませんが。

ただ言えるのは、人間は決断·行動が早い人に着いていきたくなるということ。

あなたの周りでリーダーシップを取っている人は決断や行動が周りの人と比べて早くないですか?

後々考えてみたら「あの決断は間違いだったのではないか?」と思う事もあるでしょう。

しかし時には100%正しい決断よりもどれだけ早く決断、そして行動できるかの方が大事なこともあります。


元プロテニスプレイヤーの松岡修造さんもよく「すぐに決断しろ!」と言ってますが、世界を自分の目で見てきて決断の早さの大事さを実感しているんだと思います。

「スポーツ選手だからだろ」と思う方もいるかもしれませんが、決断や行動の早さが成功の鍵になることはスポーツの世界だけではありません。

決断·行動の早さは時間をどれだけ有意義に使えるかにも関わってきます。

時間は誰にでも平等なもの。

なので時間を自分の人生で重要だと思うものにどれだけ振る事ができるかで成功できるか成功できないかが決まる。と言っても過言ではないです。


Apple社の元CEOスティーブ・ジョブズ氏。

彼は誰の目から見ても成功者でしょう。

彼の特徴で思いつくものはありますか?

多数の方が[いつも同じような服を着ている]というイメージを持っていると思います。

あれはその日何を着るかという決断の労力と時間を削る為に同じような服を何着も持っているのだそうです。

ファッション関係の仕事をしている人以外はは、何を着るのか決める為に長い時間をかけるのは無駄な事だと個人的には思います。

正直おしゃれに時間や労力を使い過ぎるのは自己顕示欲や承認欲求だと思うので。

なので彼のように、自分がそこまで大事だと思わない事はある程度パターン化する事で本当に大事だと思う事に今よりも長くの時間を使えるようになるんです。


また即断!即決!即行動!はチャンスを掴むためにも大事です。

どんなものにも旬があります。

旬や旬前に情報を仕入れる事ができたのに、時期を逃してしまうと成功が遠のいてしまいます。

例えば1990年代後半から2000年代前半にかけてルーズソックスという靴下がバカ売れしました。

これはその年代にアムラーヤマンバギャルというファッションが流行ったからです。

なので今ルーズソックスの販売を始めても昔程利益を出すのは困難でしょう。

なぜかというとすでに旬が過ぎてしまっているからです。

ファッションの流行は循環するらしいので絶対とは言いきれませんが。

ただ、おいしい話は詐欺の可能性があるので詐欺に引っかからないように日頃から情報を仕入れておく事が大事です。


元々優柔不断な人がすぐに即断!即決!即行動!できるようになるのは難しいかもしれません。

しかし、意識する事で少しずつでも変わっていけます。

人は変われるんです。

まったく貯金ができなかった僕だってちょっとずつ貯金できるように変わってきています。

変化が人生に絶対に良い影響を与えるとは言いきれません。

むしろ変化した事によって人生に悪い方に働く可能性もあります。

でももし現状が辛い人生·退屈な人生だと感じている人は、自分が変わる事で幸せな人生·楽しい人生にする事ができるかもしれません。

即断!即決!即行動!

このブログを読んで何か感じる事があったなら今日から変わっていきましょう。

皆さんの人生が良い方向に変化する事願っています。

結局他人は他人、自分は自分やん

3月。暦の上では春ですが、今日の朝の気温は3℃。
朝起きて「なんか寒いなぁーー。寒いなぁーー。」と思ったら3℃。
朝5時に起きて「なんか寒いなぁーー。寒いなぁーー。」と思って通勤経路にある温度計の表示を見たら3℃。
地球温暖化やらなんやら言われとりますが、実は寒冷化している説もあるらしいです。
メディアの情報を100%信じきってはいけません。昔、発掘!○る○る大事典が問題になりましたよね。
僕はあの番組を毎週かかさず見て、大切なところはメモして···という事をしていたのでなかなかのショックを受けた記憶がありますん。
他人を信じ過ぎずに、自分の感覚や体験。それから自分が本当に信じきって騙されていたとしてもこの人の言う事は信じる!!という人の情報を信じたらいいんじゃないですかねぇ?シランケド
んな事言ってたら詐欺にあう人増えるかもよぉー言うてね。
僕の言う事も本当かどうか分からないので、信じ過ぎずに生温かい目で見てください。。。
僕です。


さて、今回は[結局他人は他人、自分は自分やん]という話題で話したいと思います。

こういう体験をした人はいないでしょうか?


「お前、今の会社でどのくらい給料もらってるの?」

「え?先月の給料15万円だけど?」

「少なっwww」

「えっ?お前はいくらぐらいもらってるの?」

「先月は25万円貰ったなw」

「先々月は28万円だったぜwww」

「すごいなぁ········」

みたいな?


違う企業や違う業種に勤めていると、給料の格差に俄然とする事があると思います。

しかしそこで自分に負い目を感じる必要はありません。

「そんなに給料貰ってたらやっぱりいいところに住んでるの?」

「いま住んでるところは家賃18万円だぜww w」

「家賃だけでお前の給料以上だぜw w w 」

「お前はどのくらいの家賃のとこに住んでるんだぜ?w w w」

「えっ?月3万円のとこだけど···」

「月3万円ってw w w どんなボロアパート住んでるんだよw w w犬小屋に住んでるじゃないだろーなw w w」

「そんなわけないじゃん···そんなに給料貰ってたらやっぱり貯金は結構してるの?」

「貯金なんてするわけねぇだろw w w」

「毎年給料上がるし別に貯金なんてする必要ないからなw w w」

「えぇ·····」


こういうマウントを取ろうとしてくる友達がいたらすぐにバイバイしましょう(笑)

日本人女性に、[年収1000万円]or[貯金1000万円]の男性のどちらと結婚をしたいかと統計を取った結果[貯金1000万円]の男性を選ぶ女性が圧倒的に多かったのだとか。

異性にモテる事が人生の幸せの全てではないですが、やはり人生を楽しむ為にはモテるに越した事はありません。


さて、上の2人の会話ですが、1人は収入は低くても倹約して生活しながら貯蓄をしている。もう1人は収入は多いが好きな事をして貯蓄はしていない。

あなたはどちらが正しいと思いますか?

答えは[どちらも正しい]です。

人それぞれ考え方や価値観が違うのは当たり前。

ルールを破らない範囲でなら自分の好きなように生きればいいんです。


ビットコインを例にすると、1ビットコインの価値が100万円の時に1ビットコインを購入した2人がいます。

その後価値が300万円まで上昇。そして200万円まで暴落。

1人はその価格推移に耐えられず売却し、元本を約2倍にしました。(税金は考慮してません)

もう1人は「また上がるかもしれない」と持ち続け、今では600万円を越えました。

この時200万円の時に売却した1人がまだビットコインを持ち続けている1人を羨ましく思い、「いいなぁ···」「あの時売らなければ···」と考えてしまい後悔する事があります。

この話はリベラルアーツ大学両学長のお話を参考にさせていただいたのですが、結果を見るとどちらも利益が出ています。

しかし、他人と比べてしまうと100万円の物を200万円で売却して2倍に増やした方は400万円損した気分になるんです。

もちろん失敗したと感じたのなら「なぜこうなったのか?」と考え、次に活かす事は必要です。

しかし、取れるリスクの大きさは人それぞれなので間違っても自分に見合ったリスクを見誤り、他人のリスクに合わせる事がないようにしてください。


他人は他人、自分は自分。

この言葉を頭の片隅にでも置いて、他人と自分を比較し過ぎないように注意できれば、変に負い目を感じたりせず自分の生きたい人生を生きられると思います。

他人に惑わされず自分自身が幸せだと感じる事ができる道を生きましょう。